亀八屋

太地で有名な「てつめん餅」のお店、「亀八屋」の説明です。

てつめん餅は、太地町では知らない人はいない和菓子です。
その由来は……。

100年余前 熊野詣の途中、太地に立ち寄った僧が宿を探していた。
町の古老 亀八が親切に探してあげたが 宿がなかったので自分の家に泊めてあげることにした。
僧は非常に親切な人にめぐり合えたことを喜び 秘法の餅を伝授した。
別れのとき せめてお名前なりと 僧に名前を問うたが 一言 「てつめん」と答えて立ち去った。

と、なかなかミステリアスなのですが、実際はとてもシンプルなお菓子で、非常にさっぱりとしていて美味しい物です。
ただ、旅行の途中で立ち寄るには、なかなかややこしい場所にあるので、覚悟して探していただきたいと思います(僕はGoogleマップなしではたどり着けませんでした……)。

てつめん餅が売り切れる前に(実はかなり売り切れるのが早い!)亀八屋に運良くたどり着くことができたとして、てつめん餅を買うときには注意が一つあります。
それは「その日のうちに食べる」ということ。てつめん餅はとても柔らかくてモチモチした美味しいお菓子なのですが、時間が経ってしまうと硬くなってしまい美味しくなくなってしまうのです。
まあ、中にはそれくらいのほうが美味しいという人もいるのですが、でも最初は是非出来立てのモチモチした食感を味わっていただきたいので、できることなら電話をしてから買いに出かけると、確実に買うことができると思います。

トップに戻る

宿泊先/お店

太地町での宿はお決まりですか?
当サイトでは、太地町を観光する際に便利な宿泊先のご紹介をしています。
宿の予定がお決まりでない方は、是非御覧ください。

お食事/買い物などはこちらで
お昼ごはんや素泊りの際の夕食には、町内の食堂や喫茶店をお使い下さい。また、お土産を買える場所もご紹介しています。