恵比寿神社

太地町にある「恵比寿神社」の説明です。

蛭子神社(もしくは恵比寿神社)は、ある意味太地町の象徴のような神社ですから、多くの人が知っているかもしれません。
有名な鯨骨の鳥居は、現在はマッコウクジラの顎の骨ですが、その昔はセミクジラの顎の骨だったという話があります。
階段を登ると鯨骨の鳥居の持つ威圧感のようなものもあるせいか、最初はすこし入りづらいかもしれませんが、鳥居をくぐり、階段を登ると、こじんまりとした祠と踊り場のような場所にでます。
階段の方を振り返ると、大きな石(三枚目の中央に写っているものです)があることに気がつくと思います。その石は鯨のようにも見え、丁重に祀られていますので、恵比寿様にみたててお祀りしているのかもしれません(ただ、太地町史には「男根神」というキャプションが付いているのみで、それに関する説明が見当たらないため、詳細は不明です)。

トップに戻る

宿泊先/お店

太地町での宿はお決まりですか?
当サイトでは、太地町を観光する際に便利な宿泊先のご紹介をしています。
宿の予定がお決まりでない方は、是非御覧ください。

お食事/買い物などはこちらで
お昼ごはんや素泊りの際の夕食には、町内の食堂や喫茶店をお使い下さい。また、お土産を買える場所もご紹介しています。