森浦蛭子神社

太地町にある「森浦蛭子神社」の説明です。

意外に知られていないかもしれないこの神社は、名前の通り森浦の近くにあります。
森浦はその昔、森浦村という別の村でした。
太地村も大きくはなかったのですが、森浦村は更に小さな村でした。
森浦村は一八八三年に太地村に合併されましたが、その森浦村の氏神様が、この森浦蛭子神社です。

太地のはずれのほうにあるためにあまり知られていないかもしれませんが、朱ではなく、紅く塗られた社は個性的な作りをしていることもあり、飛鳥神社と比較すると面白いかもしれません。
和歌山県神社庁の森浦蛭子神社のページによると、「森浦の面する森浦湾は、湾口から湾央にかけてくびれ、湾奥の森浦は袋状になっており、湾底は粘土混じりの砂礫質で碇のかかり良い上に、三方を山に囲まれている為天候の悪い時でも波が静かである。帆船時代には、太平洋における屈指の良港として、台風襲来時期には熊野灘を航行する大小の避難船が一〇〇隻を超えて湾内を埋め、帆柱が林立したという」とあります。
つまり、船の避難所として森浦は知られていたようなのです。
太地町史によるとこの神社は、近郷の漁業の神として参拝祈願する人が多かったと書かれています。

トップに戻る

宿泊先/お店

太地町での宿はお決まりですか?
当サイトでは、太地町を観光する際に便利な宿泊先のご紹介をしています。
宿の予定がお決まりでない方は、是非御覧ください。

お食事/買い物などはこちらで
お昼ごはんや素泊りの際の夕食には、町内の食堂や喫茶店をお使い下さい。また、お土産を買える場所もご紹介しています。